ラッキーマッサージ

れい君とモール。

買い物後、駄目元でいつも行くクイックのマッサージ屋さんを覗くと、マッサージ師のおばさんが二人、暇そうに足をぶらぶらさせておしゃべりしている😊

これはチャーンスと思って、腰と肩が痛いんだけど、でもれい君がいる、と言うと、大丈夫、れい君みとくから、みたいなことを言われ(中国語で)しっかり35分、マッサージしてもらえました。

その間、れい君は二人のおばさんが入れ替わり立ち代り見てくれて、中国語で話しかけたり歌ったりしてくれて、ぐずる声も聞こえず。

マッサージ師さんがもう少し上手だったら言うことなしだったけど、でも完了できて助かった(左側だけやってもらって、さあ右側という時に泣き始めたらどうしようとヒヤヒヤしていた)。

 

数週間前も、私の歯の詰め物が取れてしまったので、とりあえず予約しようと、れい君の病院帰りに歯医者に立ち寄ったところ、「今すぐやろう、れい君みとくから」、と、これも受付のおばさんが言ってくれて、私が歯の治療を受けている間、れい君を寝かしつけ、れい君片手に電話対応をするおばさんに感謝したばかり🙇‍♀️。

 

さすが3男、世話されオーラが出ているんだろうか。

子連れに優しい人々っているもんです。

感謝。

(でもまだ腰は痛い)